お役立ち情報

店舗の限界を知り、限界を突破する

店舗には物理的な限界があります。
使用できるスペースが決まっているからです。

飲食であれば席数。
アパレルなどでは展示スペース。
その他、店舗に必要な「レジ」「エントランス」「水回り」「バックヤード」などが必要です。

分かりやすく飲食店の例を見てみよう。

飲食店はテーブルや席数が決まっています。
レイアウトを工夫して席数をできるだけ増やすこともできます。
しかし詰め込み過ぎてはお客様が窮屈に。(利便性や快適性が損なわれます)

時間的な限界もあります。
24時間営業すれば多くのお客様を向かい入れることができます。
しかしスタッフもいなければいけないのでコストアップしてしまいます。
例えば自動販売機は、人がいらないので時間的な限界はありません。

まずは、物理的な限界×時間的な限界を意識しましょう。
限界を知れば、店舗経営に新しいアイデアを見つけることができます。

家賃は24時間365日かかっていますので、少しでも有効活用したいところ。
だからスタッフが対応できる営業時間中はできるだけお客様に来ていただくようにしなければなりません。
イベントを開催したり、特別なメニューを用意したり、来ていただく動機を考えて告知しましょう。

関連記事一覧